教えて欲しいベテランカーの買取時の裏技

ベテランカーという単語を、聞いた事はありますでしょうか。車好きの方であれば、もちろん知っていると思います。年式の古い車両を、クラシックカーやヒストリックカーなどと呼んでいます。クラシックカーはよく聞く言葉ですね。そのぐらい古い車を対象とするのかは製造年代による分類が多く、製造されてから何年経っているかというのが判断材料になっています。ひとつの基準としては、生産されてから25年以上経った車という事です。25年と聞くと、かなり古い車という想像が容易に出来ますね。製造年代によって異なった呼称を使う事もあります。例えば、1919年から1930年に製造された車をビンテージカーと呼ぶ事が多いです。さまざまな呼び方があるため、混乱してしまいそうですね。それでは、ベテランカーとその買取について見ていきましょう。

ベテランカーの定義についてご紹介

では、ベテランカーとは何でしょうか。先述したビンテージカーよりも更に古い車になります。第一次世界大戦前に生産された車を、ベテランカーと呼んでいるのです。相当古い車両になりますし、部品も新品の製造はしていない事が想像できます。こうした旧車は経年劣化による故障や問題が起こりやすいものです。当時の部品が作られていない為、どの様にメンテナンスを行っていくのかというと、もちろん、現行の車両部品を活用しているのです。こうして旧車愛好家の人たちは古い車両をしっかりとメンテナンスして、維持しているというわけです。しかしそんなベテランカーも時には買取をしてもらう時期がやってきます。古い車ですので、金額がつくかつかないかわかりません。そんな時にしておきたい事をご紹介していきます。

ベテランカーの買取りをして欲しい時には

ベテランカーのみならず、車の買取りをして欲しいと思った時、専門業者に査定依頼しますね。業者に持ち込む事もできますし、ネット上で一括査定する事も可能です。通常古い車程査定金額がつかないものですが、旧車はどうでしょうか。旧車は愛好家に需要があります。そして、歴史的価値もあるものが多いです。買取業者によっては、旧車に対する知識が無い為、きちんとした査定を行なってもらえない場合もあります。売却の選択肢としては、ディーラー、専門業者、オークションなどがあります。日々のメンテナンスをしっかりとしている車であれば、きちんと査定してもらえば高値で買い取ってもらえるでしょう。売却先で最も高額査定してもらえる可能性があるのは、旧車専門の買取業者になります。旧車に対するノウハウもありますので、安心して任せられますね。